FC2ブログ
実録出会い系サイト体験談&評価・攻略レポート ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金曜の夜、新しい出会いに繋げる為に掲示板を覗く。
同世代の女性でメル友を募集していた投稿メッセージへメールを送ってみた。

そして、翌日の夜、唐突に、その女性からメールが来た。
メールありがとう。突然ですがお住まいはどちらですか?」

「城南区ですよ。そちらはどちらにお住まいですか?」
「私は中央区の平尾です。突然ですが今からドライブがてら、
 私を実家に連れて行ってもらえませんか?」


ん?いきなり?でも、この間のように冷やかしもある…
ちょっと慎重に対応しないと、また痛い目にあうかも

「実家ってどちらですか?」
「実は…佐賀の呼子ってとこです。
 急に親が帰ってこいと連絡あって困っているもので…」


よ、呼子?って遠くないかぁ
しかも時間は12時まわってるし…
極端に遠くを言って、諦めさせる手かもと思いつつ返事を送ってみる。

「いいですよ。平尾のどの辺ですか?」
「ありがとうございます。平尾駅隣のファミリーマート前で待ってます。いいですか?」

これって…よく援の待ち合わせ場所として使われてるとこじゃない??

「どうでしょうか?ダメですか?」
考えあぐねているとめぐみから催促のメールが来る
冷やかし?ほんもの?
送るほどの出会いに発展するのか?一回限りで終わりか?
頭の中で色々な事を考えてみるが、答えが出ない…
とりあえず行くだけ行ってみよう!

「いいですよ。どんな感じの人ですか?」

「黒のジーンズに黄色の作業服のジャケットを着ています。
 時間はどのくらいで着きますか?」


さ、作業服??有り得ない格好じゃない??
また、気持ちが退き始める中、自分自身に決心を付けさせる為、メールする…

「20分くらいで着きます。何歳の方ですか?」
「34ですけどダメですか?」
「いいですよ。よかったら直でメールできませんか?」


前回の経験則から直アドを聞く事にした。
冷やかしならアドレス送らないしね…

「*******@ezweb.ne.jp私のアドレスです」
しばらくして、めぐみから直アド入りのメールが届いた
何故かまた気持ちが揺らぐ。
迷って返事を出しそこねる俺に、まためぐみから催促が…

「わかりました?番号は090********です。よかったら電話下さい」

結局平尾へ向かう途中、車の中から電話をかける。
お互い安心できる相手か探りを入れつつ、待ち合わせ場所のファミマに到着した。

ほんとに黄色い作業服のジャケット着た女性が一人コンビニの前で立っていた。
深夜1時をまわった時間に作業服って?
しかも、出会い系の待ち合わせに着る格好って?
と疑問を感じながらも助手席のドアを開けた…

>>続く

利用サイト:メル☆パラ




↓クリックご協力ください
人気ブログ緑

↓出会えるランキング
ブログランキング
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
いよいよ会う当日が来た

福岡から大牟田と離れている為、行きは高速を使う。

はじめての大牟田

右も左も判らない中、待ち合わせのコンビニへ。
来るまでの待ち時間は、いつになってもドキドキするもので、
個人的にはこの時間が、出会い系の醍醐味ではないかと思う。

福岡と比べ、人通りもほとんど無く、
待ちの時間がものすごくスローな流れに感じた
しばらくして、一人の女性が歩いてくるのがバックミラーに映った。

見た感じはほっそりとした感じで、
何処にでもいそうなタイプだが、何処と無く艶っぽい
事前のやり取りで看護婦と聞いていた事が
更に変な先入観を持たせたのかもしれない…

大牟田という事で、何処に行けば良いかも判らず…
適当に車を走らせた後、軽く食事へ

その間の会話は、所々妙に無言になる間はあったが、
けっこう盛り上がっていた。

食事を済ませ、動物園があるという事で、そちらへ直行。
福岡動物園と比べるとこじんまりして、客も閑散とした寂れた印象

ほとんど親子連ればかりの中に
今日始めて会った男と女がふたり…
俺達って周りから見るとどんな風に映るんだろう…

その後、場所を海へ移し、車の中でのんびりと過ごす。
その頃には会話も弾み、なんか妙に俺ウケ過ぎやない…
てぐらい盛り上がった。
んん~いい人になりきってるよなぁ…

夜になり、途中食事を挟んで大牟田市内を車で走らせながら、
楽しくデートを満喫する

22時を廻り、待ち合わせたコンビニへ向かう。
コンビニが見えて来た頃、急にもう少し一緒にいたいと言われ、
近くの公園の駐車場に車を止める。

何台か同じように止まっている車はあるものの、
何気に何か出て来そうなくらい静寂に包まれている…

昼間とはうって変わって、お互いしっとりとした雰囲気

ふと、エッチメールでのやり取りを思い起こし、下半身が熱くなる…

肩に手を廻し、自分の方へ抱き寄せる
うつむいた顔を、そっと上も向けさせ、
しばらく間近で見つめあい…軽くキス

車のシートを倒し、そのまま舌と舌を絡ませながら、
ねっとりとディープキス。

そっと胸に手をやり、軽く揉むと、小さく吐息が漏れる
ブラウスのボタン、ブラのフックを外して、手を中へ。
小ぶりな胸だったが、その乳首はピンと固くなっていた。
固くなった乳首に歯を当て、軽く噛むと、更に小さな声を漏らす。

お互いの気持ちが高ぶる中、今度は手を下へ。
レッセのあそこはパンティーの上からも
熱く湿っているのが判った。

パンティーの上からあそこをなぞるった後、ゆっくりと指を中へ。
しっとりと濡れ、生温かく気持ちいい。
指を動かすとクチュクチュと音を立てながら、小刻みに身体をくねらせる…

気持ちも最高潮に達しかけて頃、ふと時計が目に映る。

「0:32」

このままホテルに直行して最後まで行くのか…、
それとも我慢してここで抑えて次の機会を待つのか…。

大牟田エッチ、明日の仕事、宿泊料金、深夜…

虚しくセコい打算的な思考が頭を巡る

結局、その日は高ぶる気持ちを押さえ、帰る事にした。

レッセを家の近くまで送り届けた後、
深夜一人、さっきまでの指の感触を思い起こしながら高速を走った。

>>続く

利用サイト::ハッピーメール




↓クリックご協力ください
人気ブログ青

↓出会えるランキング
ブログランキング

★面白いブログ満載★
 FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。