FC2ブログ
実録出会い系サイト体験談&評価・攻略レポート ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ある平日の夜、ちなつからメールが届いた。
「明日休みやけど会える
「明日は仕事だよ。夜やったらいいよ。」
「えぇ~。せっかく休みやのに。仕事休んだら?」
「はぁ?休めるわけないやろ
「私と仕事とどっちが大事なん
「仕事…」
「あぁ~そうそうなんやねぇ。もういいよ


結局、怒るちなつをなだめ、次の日、仕事をサボる事に…

朝イチで田川までちなつを迎えに来た俺にちなつは、
「あっ仕事サボっとう!」
「誰がさせたん?」
「知らんよ~私やったらそんな事できんよ
「ふ~ん」
「あっ怒った?

といきなり軽くキスをする。
自己中で超わがまま。それでいて甘えん坊なちなつ。
これから先を考えると、ちょっと不安になってきた…。

ちなつを車に乗せ、一路福岡までドライブ
百道浜周辺でまったりと時間を潰し、天神で食事。
その後は天神の街をブラブラとウィンドウショッピング。
今までとはちょっと違った、いかにもデートらしい時間を、
終始ちなつペースで過ごした…。


田川へ戻る途中、一緒に風呂に入りたいとダダをこねるちなつ。
そのまま飯塚のラブホへ…。

まだ夕方前という事で、ほとんどが空室。
俺の手をひっぱりながらちなつは
「あっココいいっちゃない?」
と勝手に部屋を決める。

入ったところはホテルの最上階。
何故か二室あって広いベランダがある。
ラブホというより普通のホテルを改装して利用しているらしく、
部屋の中はベット以外は妙に殺風景な作り。
そして、そのベランダの一角には風呂が…

周りに何も無いという事で人の目を気にする事なく、
まだ、陽が差す明るい景色の中、
微妙な開放感を味わいながら
ゆったり、まったり二人で泡風呂を堪能する。

風呂から上がった後は…
終始ちなつにヤリ込められていた俺が、
唯一リードできる時間が来る

と思いきやあっけなく果てる…
「えっ?どうしたと??」
「いやぁ…あんまり気持ち良かったんで…」
「えっ?そうなん?」

こっち系にはウブなちなつ…
これはこれで残酷な気がする

「もう一回しよ」
「えっ?エッチあんまり好きやないっちゃろ?」
「今は違うよ。Hくんが変えてくれたやん」
「ははっ…」
「もっと気持ちよくなりたいし、ウマくなりたいけん」

と慣れない手つきで一生懸命フェラをしてくれた。
これも残酷な気がする…。

エッチが終わった後、俺に背を向けて寝そべるちなつ。
その肩は小刻みに揺れている…。

「どうしたと?」
「…」
「泣きようと??」
「ずっとちなつのそばにいてくれるよね?」
「ん?おるやん」
「今やなくて、これからも!」
「うん」
「遠いけどいいと?無理してない?」
「無理してないよ。会いたいと思うけん来るちゃない」
「でも無理して欲しくない…」
「前つき合ってた人が死んだっちゃん」

「えっ?いつ?」
「昔つき合ってた時に…。」
「私が会いたいって言って。バイクで来る途中に事故って…」

「そっかぁ…」
「私が無理な事言わんやったら…死なんやったのに…」
「俺はいつでも来るし、絶対死なんよ…」

「…」

自己中で超わがまま。それでいて甘えん坊なちなつ。

彼女の中で止まっていた時間が動いてくれる祈りながら、
胸の中で泣き続けるちなつをギュッと抱きしめいた。

>>続く

利用サイト:ハッピーメール

↓クリックご協力ください
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

↓出会えるランキング
JRANK

★面白いブログ満載★
 FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://denden02.blog75.fc2.com/tb.php/24-bf50ee4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。