FC2ブログ
実録出会い系サイト体験談&評価・攻略レポート ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とりあえず外に出た俺は、
教えてもらった番号へ電話をかける。
「もしもし…」
明るい声の女の子が出る
サイトのニックネームを告げ、簡単に挨拶を済ませると
「実はねぇ…」
と訳ありそうな声で話が途切れる…。

嫌な予感を感じつつも話を聞くと
今電話で話をしているのはサオリではなく、その友達だという。
更に昼間メールをしていたもの、別の友達だったとサオリの友人と名乗る子は言う。

ん??話の展開がよく判らない…

その子の話では昼間メールをした子が勝手にサオリのケータイ出会い系に登録して、俺とメールをしていたらしい…
で、夜になってサオリがそれに気付き、電話で話ている子と調べていたとか…

なんかコミ入った話になり、面倒臭い気持ちを抑えながらも話を聞き続ける俺
「ふ~ん。困ったねぇ…」
なんて答えていいのか戸惑う俺に
「あっサオリが横にいるので替わりますね」
と明るい声の子は言う。
替わってどうする?と思っていると
「もしもし…」
と今度はおとなし目の声が電話の向こうから聞こえたきた。
なんとなくバツの悪い、ぎこちない会話を交わす…

「じゃあ替わりますねとサオリ。
「でどうだったと友達。
どうだったと言われても…?何を求められてるのか理解できないまま、
一方的に話を進める友達に面食らいながら、外に佇む俺

このまま虚しく終わるのか
とりあえず今回の旅行の事、サイトを利用している目的を話ながら、ダメ元で
「お互いヘンな経緯やけど、これも何かの縁やけん札幌で会わん?」
と投げかけてみる。
「う~んそうですねぇ。どうしようかな…
と電話越しで二人で何か話をしているの声が聞こえる。

なんか押せばイケそう

「一人で会うんですか?」
「二人でもいいし、他の友達も誘っていいよ。そっちが何人かで来るんなら、
 こっちも仲間誘うしね

「そうですね…」

まんざらでも無い友達と、ちょっと臆するサオリ。
電話越しの会話はそんな感じ。
「わかりました。じゃあ明日会いましょう」
「一人?二人?」
「こちらは私たち二人で行きます」

「うん。わかった。じゃあこっちも二人で行くね

約束成立

最後の最後に楽しい夜を過ごせそうな予感

>>続く

利用サイト:メルパラ




↓クリックご協力ください
人気ブログ緑

★おすすめブログ満載★




スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://denden02.blog75.fc2.com/tb.php/37-8140399b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近やたらと熟女さんとご縁がありまして、今月だけで二人の四十路奥様をゲットしてし
2006/10/29(日) 14:00:00 | 人妻とセックスしました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。